上川郡東神楽町のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が上川郡東神楽町でもらえる手当

母子家庭というワードは上川郡東神楽町では普通につかわれていますが、父子家庭については、それ程つかわれていません。実情として、ひと昔前は児童扶養手当はシングルマザーの子供のみで、父子家庭はもらえませんでしたが、2010年からは、父子家庭についても受給できるように改定されました。子どもが低年齢の場合は母親が親権を所有する事がふつうなため父子家庭は多くなかったり、収入となる職業を持つことが多かったので、これまでは対象に入っていませんでしたが、シングルマザーに限らず、父子家庭にも補助が必要と認定されたのです。

上川郡東神楽町のシングルマザーの方によっては、生活費の面できつくなってくると定期的な請求額が遅延してしまう事も少なくないと思います。年金とか電話料金など、定期的な支払いが多くなると遅延してしまいがちになります。それらの場合に知っておきたいのが延滞金になります。払込期限に払えなかった遅延分について、延滞料金をプラスして払い込まないといけないという場合も多数あります。その際の利息は案外と高めになっていて10%以上になってくるケースが少なくないので、低い金利で借り入れできるキャッシングにて借り入れしてしまって収めたほうが額が多くないというような場合も少なくないです。

上川郡東神楽町のおすすめ情報

東神楽町国民健康保険診療所上川郡東神楽町南1条西1丁目3番3号0166-83-2423
六樹会 聖台病院上川郡東神楽町東1線2号13番地0166-83-3522
ひじり野小池クリニック上川郡東神楽町ひじり野北1条3丁目1番1号0166-83-5580

失業給付金についての申請手続きをしてから7日間の待機期間も含めて、失業保険が出ている期間中に単発のバイトやパートで働くことは上川郡東神楽町でも許されていますがハローワークへ報告をする必要があります。目安として4週で14日以下、週3を超えないで、さらに20時間以下ならばOKな事が大部分ですが、申告しないでいると不正受給となります。不当に失業手当が支払われていた時にはもらった金額全部のみでなく、支給されていた額の二倍、つまりは三倍の額を返還する義務があります。たとえば100万円もらっていた時は300万円を払うことを要求されます。

ページの先頭へ