生活保護の受給を申請する場合は当該都道府県や市町村の役所の福祉事務所で行います。

生活保護の申請の面接の時は仕事の状況まで事細かにたずねられますが、正確に話すことが大切です。追って、細かな調査が入りますので、ウソを言っても、必ず気づかれてしまいます。嘘をついたことが明らかになれば、生活保護をもらう資格がなくなります。

生活保護を手続きをする方みんなが生活保護を受けられるわけではありません。

申請が認められなかったからといって、1度でギブアップしないで毎日の生活に苦慮しているということを訴えていくことが基本です。