ひとり親家庭を助けてくれる手当てということで児童扶養手当があります。夫婦の離婚とか死別等にて一人親に養われている児童の日々の生活をの手助けをするための助成金です。

対象になるのは、両親が離婚した場合や、両親のどちらかを亡くしたり、または重度の身体障害を持っている場合等です。結婚前の親が産んだ子どもについてももらうことができます。各窓口にて届け出ます。再婚した場合や、養護施設などや養父母に育てられているときには対象となりません。

子供を持つ世帯の援助として、就学援助制度があって、授業で不可欠な教材や給食費などのサポートを受けられます。各々の自治体の教育委員会に承認された方が対象となりますが、シングルマザーで児童扶養手当を受給している人であるならば対象となる確率は高くなっています。

学校の学年はじめのときに申込み書類がわたされて申し込むこととなりますが、時期に関係なく申し込みは可能ですのでそれぞれの学校に相談してみるようにしましょう。