江別市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が江別市でもらえる手当

シングルマザーの手助けをしてくれる母子手当てとして児童扶養手当が提供されています。母子家庭の児童の毎日の暮らしの安定を支援してくれる手当てで、江別市など、現在住んでいる市町村の役場で申し出れば受け取れます。原則的には月当たり4万円位が受給することができますが、届け出ないともらうことができないので、届けていないときは、きっちり届け出るようにしましょう。子どもが十八才になって次の3月末まで払われ、児童手当等と同じく子どもに提供されている制度になります。毎日の暮らしを維持をしていくために、子供の環境を整える手当てになります。

母子家庭ということばは江別市では一般的にも使用されていますが、父子家庭は、ほとんど馴染みがありません。現実問題として、ひと昔前は児童扶養手当は母子家庭の子のみが対象で、父子家庭には支払われませんでしたが、平成22年からは、父子家庭も受給できるように修正されました。子どもが小さい際は母親が親権を所有することがふつうなので父子家庭というのは少数派であったり、父側というのは生活に十分な仕事に就いているケースがほとんどだったため、昔は受給できませんでしたが、母子家庭に限らず、父子家庭にもサポートが不可欠であると理解されたわけです。

江別市のおすすめ情報

江別やまもと整形外科江別市高砂町3番地の3011-381-8008
松尾こどもクリニック江別市高砂町25番地の11江別メディカル3階011-384-8819
みみ はな のど はらだクリニック江別市大麻ひかり町32ー1大麻メディカルモール内011-388-3333
宮地医院江別市大麻中町1番3号011-386-8186
藤音会 江別谷藤脳神経クリニック江別市幸町4番地の10011-382-3333
英生会 野幌病院江別市野幌町53番地の5011-382-3483

失業給付金をもらえる期間については、江別市でも何年働いたかと年齢と離職した理由によって変化してきます。自己都合で会社を辞めた人で65歳未満の事例では勤務した年数が1年以上10年未満なら90日、20年未満であれば120日、20年以上であるならば150日です。離職した理由が会社都合の特定受給資格者は、自己都合の人の期間とくらべて長めになり、それらの分だけ支給される額についても多くなります。加えて、自己都合で退職したときは3ヶ月の給付制限があり、指定された期間を経ないと失業保険を受け取れないのですが、会社都合により離職した時には特定受給資格者となるので、そういった規制はかかりません。

ページの先頭へ