岩見沢市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が岩見沢市でもらえる手当

離婚でシングルマザーになった方は月々養育費が払われているというような場合が岩見沢市でも多数あります。そういった際には養育費の額を生活を維持していく上で不可欠なものとして扱っている方がほとんどですが、しっかり払い込んでくれなかったり、時間が経つと、急に支払いが滞る等のようなリスクも想定しておいてください。離婚を決意する場合には公正証書を作るようにするのが最善ですが、とにかく書類にして両者で捺印するようにすると、もめごとも少なくすることができます。

お子さんを持つ世帯のサポートとして、就学援助制度というものがあり、学校で必要となる文具や給食費等の助けがなされます。それぞれの市町村の教育委員会にみとめられた人が受けることができますが、母子家庭で児童扶養手当を受けている方なら認定される可能性が高いです。岩見沢市でも、小学校や中学校の新学年の時に申込み書類がくばられて申し込む事がほとんどですが、年度の時期に限らず申し込めるのでおのおのの学校に尋ねてみるようにしましょう。

岩見沢市のおすすめ情報

竹内医院岩見沢市6条西2丁目4番地0126-22-0134
ささえる医療クリニック岩見沢岩見沢市2条西5丁目2ー70126-25-2550
にしざわ耳鼻咽喉科クリニック岩見沢市7条西6丁目9番地0126-25-2438
岩見沢市立総合病院岩見沢市9条西7丁目2番地0126-22-1650
倉増整形外科岩見沢市2条西7丁目1番地30126-22-0288
エリヤ会 北五条医院岩見沢市北4条西10丁目4ー70126-22-2377

失業手当の給付期間は岩見沢市でも勤続年数と年齢と退職理由によって変わります。自己都合によって退職した人で65歳未満であるときでは勤続年数が1年以上10年未満で90日、20年未満ならば120日、20年以上なら150日になります。退職理由が会社都合である特定受給資格者は、これらの期間よりも長期になり、結果としてもらえる金額も多くなります。さらに、自己都合で退職したときには3ヶ月間の給付制限というものが設定されていて、指定の日数を過ぎないと失業保険を受けられないようになっていますが、会社都合で辞めた方には特定受給資格者になるので、そのような制約はないです。

ページの先頭へ