帯広市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が帯広市でもらえる手当

一人親家庭を支援してくれる母子手当として児童扶養手当が提供されています。シングルマザーの子供の生活を支援してくれる仕組みで、帯広市など、今住んでいる窓口で申し込むことで受け取ることができます。原則的には月額4万くらいを受け取ることができますが、届け出ないと受け取れないので、届け出てない場合は、しっかり申し出るようにしましょう。子供が十八才になって次の三月末になるまで受給することができて、児童手当等と同じく子に対して払われる手当てです。日常生活を維持するために、子供の環境を準備する手当てになります。

帯広市の母子家庭の方の中には、金銭面で厳しくなって毎月の支払が遅れがちになることも少なくないです。ローンの返済や水道代等、定期的な支払が多くなってくると遅延してしまいがちになってきます。それらの時に気をつけたいのが延滞金になります。支払い期限を守れなかった遅延分については延滞金を追加して支払わないといけなくなる場合も多々あります。その時の利息というのは思いのほか多くなって10%を上回ってしまう場合が大部分になるため、低い金利で借り入れ可能なキャッシングで借り入れをして支払ったほうが額が少なくて済むという場合も珍しくない。

帯広市のおすすめ情報

長屋内科胃腸科医院帯広市西13条南14丁目2番地0155-25-0303
おびひろメンタルクリニック帯広市西2条南11丁目16番地第3エーワンビル0155-27-7377
社会福祉法人 北海道社会事業協会 帯広病院帯広市東5条南9丁目2番地0155-22-6600
博愛会 開西病院帯広市西23条南2丁目16ー270155-38-7200
いしだ内科・循環器科帯広市西24条南3丁目31番地120155-37-0011
山川内科医院帯広市西1条南11丁目20番地0155-24-3181

日本においては女性のうち60パーセントを超える方が妊娠や結婚などの機会に退職するのですが、実際は25から49歳までの女性のうち300万人を超える方が仕事をしたいというような意欲を持っているのが実際になります。内閣府の試算では、そうした女性達が労働参加するとGDPが1.5パーセント上昇するとされています。子育てをしている方がもう一度働くのを助けることを担って厚生労働省が作ったものがマザーズハローワークで、子育てと両立して勤務することが可能な会社の斡旋をしています。利用する人の就職率も高くなっておりマザーズハローワークの数も段々増設されてきています。

ページの先頭へ