札幌市厚別区のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が札幌市厚別区でもらえる手当

離婚にて片親になってしまった人は、月々養育費をもらっているといったケースが札幌市厚別区でも多いと思います。そういった場合には養育費のお金を家計のやりくりで頼っている方が大多数ですが、きっちり払われなかったり、時間が経つにつれ、急に支払いが止まるなどの危険も考えておく必要があります。離婚をしようとする際には公証役場にて公正証書にしておくようにするというのが良いのですが、少なくとも文書にして二人で捺印するようにしておくと、ごたごたを防ぐこともできます。

子どもを持つ世帯の支えとして、就学援助制度というものがあり、学校で必需品になる学用品や校外活動費などの援助をしてもらうことが可能です。各自治体の教育委員会に承認された方が受けることができますが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている人であるならば承認される公算が高いです。札幌市厚別区でも、小学校や中学校の新学年のときに申込み書がくばられて申請することになりますが、年の別の時期でも申請は可能ですので各々の学校側に問い合わせてみましょう。

札幌市厚別区のおすすめ情報

おおやち耳鼻咽喉科クリニック札幌市厚別区大谷地東2丁目3番35号011-896-4187
明日佳 桜台江仁会病院札幌市厚別区厚別西5条5丁目1番1号011-894-8181
潤和会 札幌ひばりが丘病院札幌市厚別区厚別中央3条2丁目12番1号011-894-7070
悠仁会 羊ヶ丘病院札幌市厚別区青葉町3丁目1番10号011-351-2211
秀和会 いでうち内科医院札幌市厚別区もみじ台東4丁目2番7号011-897-0053
SAM CLINIC札幌市厚別区上野幌3条6丁目5ー6011-215-6120

失業手当を支給してもらえる期間については札幌市厚別区でも何年勤めたかと年齢と退職の理由によって変化してきます。自己都合によって職を離れた方で65歳未満であるケースでは勤務した年数が1年以上10年未満で90日、20年未満ならば120日、20年以上であれば150日です。退職理由が会社都合である特定受給資格者は、自己都合の方の期間と比べて長めになって、結果的に受給金額についても高くなります。その上、自己都合によって会社を辞めた場合には3ヶ月間の給付制限が決められていて、定められた期間を経過しないと失業給付金が支払われない事になっていますが、会社都合で辞めた方は特定受給資格者になるため、そういった規制は出てきません。

ページの先頭へ