北広島市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が北広島市でもらえる手当

児童扶養手当てだけでなく、生活のサポートをしてくれる公的制度が北広島市にはあります。たとえば、親が死んでしまって母子家庭になったときには遺族基礎年金が支払われます。さらに離婚等の理由で片親になってしまった場合も年金や国民健康保険などの支払いが困難なときは、支払額のすべてや半額の減免を受けることが可能ですので、払えなくなってきたら免除してくれるかどうか、役所に足を運びましょう。他にも、片親家庭の医療費を部分的に負担してくれる仕組みもそろっています。

生活費の面で大変であるという理由で学校に通うのが難しい子供向けに就学援助制度も北広島市では設けられています。教育を無理なく習得できるように子供に対して手助けを行っていくシステムです。例を挙げると、授業の際に必要な文房具とか校外活動費のいくらかを支援してくれます。学校から書類が渡されるので、届出して問題なければ援助してもらえます。シングルマザーで生活を営んでいくのがハードな場合には検討しましょう。こちらの支援を受けているかはほかの子供や保護者は把握できないように注意されています。

北広島市のおすすめ情報

北広島小児科北広島市中央6丁目3番1011-373-7331
さいとう クリニック北広島市里見町4丁目5番地1号011-372-2288
哲栄会 順天病院北広島市大曲695番地011-376-3451
北広島緑ヶ丘内科北広島市美沢2丁目1番9011-376-8500
きたひろ内科呼吸器科北広島市中央5丁目7ー1011-373-1100
H・N・メディック北広島北広島市共栄町5丁目6番1号011-372-6660

国内では女性の60パーセント以上の方が結婚などによって会社を辞めますが、実際の所は25歳から49歳までの女性の300万人超の人が仕事をしたいといった希望を抱いているというのが実際のところになります。内閣府の目算によると、そんな人たちが労働参加するとGDP(国内総生産)が1.5パーセント増えるとしています。子供を持つ人が再就職するのを後押しする目的で厚労省が作ったのがマザーズハローワークであって、育児と両立して勤めることが可能な職場を仲介しています。利用者の就職率も高くなっており、施設の数も毎年増加しています。

ページの先頭へ