津山市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が津山市でもらえる手当

お子さんを持つ家族のサポートとして、就学援助制度があって、授業で不可欠な文具とか修学旅行費などの補助を受けられます。それぞれの自治体の教育委員会にみとめられた人が対象になりますが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている方であるならば認められる確率が高いです。津山市でも、小学校や中学校が始まる時に申請書が渡されて申し込みを受け付ける事が多いですが、年度の時期に限らず申込みは可能ですので個々の学校側にたずねてみることをおすすめしまます。

母子家庭というワードは津山市では当たり前のように用いられていますが、父子家庭は、ほとんど使用されていません。現実問題として、ひと昔前は児童扶養手当は母子家庭の子どものみが受給できて、父子家庭には払われませんでしたが、平成22年より、父子家庭も対象になるように改正されました。子どもが低年齢の場合は親権は母親になることがほとんどなので父子家庭というのは珍しかったり、父側というのは収入となる仕事を持つケースがほとんどだったので、対象外にされてきましたが、シングルマザーのみでなく、父子家庭もサポートが不可欠と理解された結果です。

津山市のおすすめ情報

津山中央記念病院津山市二階町71番地0868-22-6111
医療法人東浩会 石川病院津山市川崎13030868-26-2188
淀川眼科医院津山市南新座107ー30868-22-2622
財団法人赤堀病院津山市椿高下330868-24-1212
津山東クリニック津山市川崎176ー10868-26-1138
三宅医院津山市中北下1189ー40868-57-2037

会社都合で退職した特定理由離職者と認められると失業保険をもらえる期間が長めになりもらえる金額についても増えていきます。会社都合というとクビのような事例が一般的ですが、ほかにも会社都合とされるケースは津山市でも少なくないです。給与のダウン、度を外れた残業等の勤務環境に耐え切れず辞めた場合も会社都合と認められて特定受給資格者になる場合も多々あります。また、夫の転勤等により現在の勤務地に通勤する事が現実的でない地区に移り住んだときについても特定理由離職者と認められます。

ページの先頭へ