美作市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が美作市でもらえる手当

お子さんのいる世帯の支えとして、就学援助制度があって、義務教育に必要となる教材や学校給食費などの支援を受けられます。各々の自治体の教育委員会に認定された人が対象ですが、シングルマザーで児童扶養手当が払われている方なら認定される確率が高いです。美作市でも、学校の学年変わりのときに申込み書が配布されて申請を受け付ける事がほとんどですが、いつになっても申し込みは可能ですのでおのおのの学校側に相談をしてみることをおすすめしまます。

母子家庭というワードは美作市では一般的にも用いられていますが、父子家庭は、それほど用いられません。実情として、以前は児童扶養手当はシングルマザーの子供だけがもらえて、父子家庭には支給されませんでしたが、2010年からは、父子家庭についても払われるように修正されました。子どもが小さい場合は母親が親権を持つ場合がふつうなため父子家庭というのは珍しかったり、収入になる仕事についている場合が多かったので、これまでは受給できませんでしたが、母子家庭に限らず、父子家庭も支えがいると認定されたわけです。

美作市のおすすめ情報

医療法人豊医会 原医院美作市豊国原363ー20868-72-8100
医療法人 河田医院美作市栄町75ー10868-72-0510
岡本医院美作市栄町40番地の80868-72-0225
医療法人福井医院美作市湯郷9160868-72-1260
美作市立福山診療所美作市柿ケ原20590868-75-2772
美作市立作東診療所美作市江見2800868-75-2772

会社都合にて職を離れた特定理由離職者となると失業手当を支給してもらえる期間が長めになってもらえる額についても多くなります。会社都合というとクビというケースが想起されますが、ほかにも会社都合となるケースは美作市でも多いです。報酬未払い、長時間にわたる残業などというような勤務条件により離職した時についても会社都合になって特定受給資格者となる場合も多々あります。さらには、家族の転勤等により今の勤務先を行く事が現実的でない町に移り住んだ時も特定理由離職者と扱われます。

ページの先頭へ