新見市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が新見市でもらえる手当

子供のいる家族の補助として、就学援助制度というものがあり、学校で不可欠な学用品や通学用品費などのサポートをしてもらうことが可能です。おのおのの市町村の教育委員会に承認された方が対象ですが、母子家庭で児童扶養手当が支払われている方ならば承認される公算は高くなっています。新見市でも、小学校や中学校の新学年の際に申請書がわたされて申請を受け付ける事がほとんどですが、時期に限らず申し込めるのでそれぞれの学校に相談してみてください。

母子手当のほかにも、暮らしの手助けをしてくれる補助が新見市にはあります。例えば、父が死亡してしまい母子家庭になった際には遺族基礎年金を受け取れます。また、離婚などによって片親になったケースでも国民年金や国民健康保険等の納付が厳しい際は、すべてとか半分の免除を受けるといった事も可能になっていますので、払えそうにないときは減免してもらえるか、窓口に相談するようにしましょう。他にも、シングルマザーの医療費の一部の金額を援助してもらえる制度も設けられています。

新見市のおすすめ情報

みはら皮膚科新見市高尾1933ー10867-71-2101
医療法人一節会 吉田医院新見市高尾2487番地の200867-72-7838
大田診療所新見市哲多町田渕700867-96-2822
新見市国民健康保険菅生診療所新見市菅生6382ー40867-78-1014
医療法人千昌会 松尾医院新見市西方463ー60867-72-8466
医療法人三才会 作野医院新見市新見1253ー10867-72-3377

新見市でもハローワークにおいては専用端末などを使って人材募集を探すことができ、希望通りの仕事場を探し出せたら受け付け窓口に提出し担当者より説明を受けることになります。そのとき、先々の採用までの流れなどを説明してくれますが、自分側から会社の内情等を聞いておくことも可能なので質問があれば確認しておきましょう。とくに他人から見たあなたの特性や自分と勤務先との合う合わないなどをずばり聞いておくのが良いです。です。それが終わったら、紹介状をくれるので郵便か持って行ってエントリーします。

ページの先頭へ