総社市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が総社市でもらえる手当

総社市の母子家庭の方の中には、生活費がハードになると期限のある請求料金が遅れがちになる事も多いと思います。借入金の返済、電気代など、月々の請求料金が多くなってくると遅延しがちです。そんなときに注意したいのが延滞料になります。払込期日を守れなかった遅延分は延滞金を足して払わなくてはいけなくなるという場合も多々あります。その際の年率は予想より高くなっていて十%以上になるケースが多々あるので、低金利で借入れ可能なキャッシングで借り入れをして払ったほうが出費が減るというようなケースも少なくない。

離婚の理由でシングルマザーになってしまった方は月々養育費をもらっているといったケースが総社市でも多くあります。それらの時には養育費のお金を家計の一部として頼っていると思いますが、毎月支払ってくれなかったり、ある時期を境に、急に支払いがストップするなどといったリスクも想定しなくてはいけません。離婚をすすめる場合には公正証書をつくっておくようにするというのが理想ですが、まずは文書にして二人で署名するようにしておくと、いざこざを回避できます。

総社市のおすすめ情報

医療法人 福田泌尿器科医院総社市中央2丁目8番23号0866-92-7121
医療法人 さかえ外科内科クリニック総社市真壁2120866-93-8800
医療法人 寺島耳鼻咽喉科医院総社市中央2丁目15ー280866-92-1300
総社みみ・はな・のどクリニック総社市総社2ー20ー100866-90-3387
こころの医療 クリニック総社総社市駅前2ー2ー100866-94-1900
医療法人仁徳会 森下病院総社市駅前1丁目6ー10866-92-0591

失業保険の給付期間は、総社市でも何年働いたかと年齢と退職した理由により差が出てきます。自己都合により離職した人で65歳未満である時では働いた年数が1年以上10年未満であれば90日、20年未満であるならば120日、20年以上であれば150日になります。退職の理由が会社都合の特定受給資格者は、自己都合退職の方の期間よりも長期になって、結果的に支給される額も多いです。自己都合により離職した場合は3ヶ月間の給付制限が定められていて、指定された期間を経ないと失業給付金の受給ができないことになっていますが、会社都合によって退職した時は特定受給資格者になるため、それらの制限は設けられません。

ページの先頭へ