柏市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が柏市でもらえる手当

児童扶養手当てだけでなく、生活の助成を受けられる補助が柏市には用意されています。夫を亡くしてしまって母子家庭になったときには遺族年金をもらうことができます。また、離婚などによりシングルマザーになってしまった場合も年金や健康保険などの支払いが厳しいときは納付額の全額とか半分の額を減免してもらうというような事も可能なので、支払えそうにないなら減免してくれるか、各窓口に相談することをオススメします。そのほかにも、母子家庭の医療費の一部を補助してくれる仕組みも揃っています。

生活費の面で大変であるという理由で学校で学ぶのが容易でない児童向けに就学援助制度というものも柏市では準備されています。学校教育を誰でも学べるように児童に対して経済的な助けを実施していく公的制度になります。例えば、学校の授業を受ける際に必要となる教材とか給食費の一部を補助してくれます。学校で書類が渡されますので、申込んで承認してもらえれば補助の対象になります。シングルマザーで生活がきびしい場合には申し込んでみてください。この助成を使っているかはそのほかの人にはわからないように配慮されています。

柏市のおすすめ情報

学校法人廣池学園 廣池学園診療所柏市光ヶ丘2-1-104-7173-3541
柏トシオビル眼科柏市中央町2-11柏トシオビル2F04-7162-6030
医療法人 深町病院柏市柏4-10-1104-7164-0111
医療法人社団 柏岸会 医療法人社団 柏岸会 あけはら眼科柏市明原3-1-1804-7142-8585
乳腺クリニック長瀬外科柏市末広町10-1504-7141-6325
医療法人社団 恭診会 大山医院柏市若葉町3-25メゾン倉持1階04-7160-3266

日本国内では女性のうち60%超の人が結婚などを機に職を退くのですが、実の所25歳から49歳までの女性のうち300万人超の方が働きたいという気持ちを持つというのが現状です。内閣府の目算によると、そういう人達が働くとGDPが1.5パーセント拡大する見込んでいます。子育てをする方が再び働くのを支援することを役目として厚労省が用意したのがマザーズハローワークであり子供の世話をしながら勤められる勤め先を揃えています。利用者の就職率は高くなっていて、施設の数も毎年増えてきています。

ページの先頭へ