いすみ市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方がいすみ市でもらえる手当

離婚にて片親になってしまった方は月ごとに養育費を支払ってもらっているといったケースがいすみ市でも多くあります。そういった際には養育費の支払いを暮らしを維持していく上で不可欠なものとして扱っていると思いますが、毎月納めてくれなかったり、何年か経つと、まったく支払いがストップする等といったリスクも考慮に入れなくてはいけません。離婚をしようとする時には公証役場にて公正証書を作成しておくのが申し分ないのですが、何はともあれ文書化して夫婦で捺印するようにすると、厄介事を回避できます。

子供のいる家庭の助けとして、就学援助制度というものがあり、授業で必需品になる教材とか学校給食費等の支えをしてもらうことが可能です。個々の自治体の教育委員会に認められた方が受けられますが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている人であれば承認される見込みは高くなっています。いすみ市でも、小中学校が始まる時に書類がくばられて申込みを受け付ける事が大部分ですが、別の時期でも申請できますので個々の学校側に問い合わせてみてください。

いすみ市のおすすめ情報

医療法人社団通朴会 草壁医院いすみ市大原86780470-62-0037
医療法人社団 伸翠会 山本医院いすみ市岬町東中滝字小福719-30470-87-9531
いすみ医療センターいすみ市苅谷11770470-86-2311
斉藤クリニックいすみ市大原884804706-2-0822
医療法人社団 永津会 永津さいとう医院いすみ市岬町江場土17320470-87-2223
医療法人社団 嗣業の会 外房こどもクリニックいすみ市岬町和泉1880-40470-80-2622

失業手当を支給してもらえる期間については、いすみ市でも勤続年数と年齢と会社を辞めた理由で差が出てきます。自己都合により仕事を辞めた方で65歳未満の事例では勤めた年数が1年以上10年未満であるならば90日、20年未満であるならば120日、20年以上ならば150日になります。退職した理由が会社都合である特定受給資格者については、自己都合退社の方の期間より長期になり、最終的に受給できる額も多くなります。また、自己都合によって離職した場合は3ヶ月間の給付制限というものが設けられていて、一定期間が経たないと失業手当の支給がされないのですが、会社都合により離職した方には特定受給資格者になり、そのような制約はありません。

ページの先頭へ