富津市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が富津市でもらえる手当

シングルマザーというワードは富津市では当たり前のように使用されていますが、父子家庭は、あまりなじみがありません。現実問題として、昔は児童扶養手当はシングルマザーの子どもだけで、父子家庭は対象からははずされていましたが、平成二十二年より、父子家庭も支給されるようになりました。子供が小さい場合は母親が親権を持つという判断がされることが通常なので父子家庭は少数派であったり、収入となる仕事を持っていることが大部分だったので、対象からははずされていましたが、シングルマザーにかぎらず、父子家庭にも支えが必要であると理解されたわけです。

離婚により一人親になってしまった人は、月ごとに養育費を受け取っているという場合が富津市でも多いです。それらの際には養育費の金額を家計のやりくりで当て込んでいる方がほとんどですが、しっかり払われなかったり、時間が経つと、急に支払ってもらえなくなる等といった可能性も想定しておきましょう。離婚をする際には公正証書を作っておくようにするのがよいのですが、まずは書面化してお互いにサインしておくと、厄介事を防げます。

富津市のおすすめ情報

新日本製鐵株式會社 新日鐵総合技術センター診療所富津市新富20-10439-80-2737
君津中央病院企業団 国保直営君津中央病院 大佐和分院富津市千種新田7100439-65-1251
医療法人社団 健洋会 森田医院附属 富津診療所富津市千種新田29-60439-65-0992
坂原医院富津市佐貫156‐10439-66-1488
医療法人社団 石誠会 医療法人社団 石誠会 さくらクリニック富津市下飯野字堰田1350-10439-80-1110
山静堂診療所富津市関尻4830439-68-0007

失業している若者の割合は富津市でもいつまでたっても減少せず、大卒の就職率についても少しずつ下がっています。そういう現況の中で厚労省は正社員を目指す若者を支援する「わかものハローワーク」を設けています。ターゲットになっているのは、ざっくりと45歳未満とされていて、希望するならばひとりひとり担当者が付いて求職活動や面接試験の受け方などについての指導を受けることが出来ます。また、仕事が長く続かないといった方向けに新たな会社で勤めだしてからも相談を受け付けてもらえる等という手助けもされています。

ページの先頭へ