柏崎市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が柏崎市でもらえる手当

母子家庭や父子家庭を補助してくれるシステムとして児童扶養手当が提供されています。夫婦の離婚、死亡等でシングルマザーに養育されている児童の毎日の暮らしををサポートするための補助金になります。対象となるのは、父母が離婚によって別れた場合や、親のどちらかが死んでしまったり、または重度の身体障害を患うケースなどになります。未婚の母から産まれた子供も対象となります。柏崎市など、各役所で申し込むことができます。再婚したり、福祉施設などや養父母に育てられているときにはもらえません。

離婚の理由で一人親になってしまった人は、月ごとに養育費を支給されているといった場合が柏崎市でも珍しくないです。そのような場合には養育費の支払いを家計の一部として期待している方が大部分だと思いますが、しっかり支払われなかったり、時間が経つにつれ、急に払われなくなるなどのような可能性も想定しておく必要があります。離婚手続きをする場合には公証役場で公正証書に残すというのが好都合ですが、何はともあれ記録して二人でサインすると、面倒を回避できます。

柏崎市のおすすめ情報

独立行政法人国立病院機構 新潟病院柏崎市赤坂町3番52号0257-22-2126
新潟県厚生農業協同組合連合会 柏崎総合医療センター柏崎市北半田2丁目11番3号0257-23-2165
おぎた小児科医院柏崎市西本町1の4の340257-22-2457
稲田医院柏崎市春日1丁目6番23-100257-32-0777
会田医院柏崎市東本町2丁目2番31号0257-22-4580
医療法人(財団)公仁会 柏崎中央病院柏崎市駅前2丁目1番25号0257-23-6254

会社都合にて辞めた特定理由離職者は失業給付金の支給期間が長くなって、支払われる額についても多いです。会社都合と言うとクビというような形態が想起されますが、それ以外でも会社都合となる例は柏崎市でも少なくないです。賃金減少、度を越えた残業などというような仕事環境に耐え切れず仕事を辞めたケースでも会社都合になって特定受給資格者になれる事例も多々あります。また、婚姻などによって勤めている会社に通勤することが難しい位置に移り住んだ時も特定理由離職者とされます。

ページの先頭へ