新潟市西区のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が新潟市西区でもらえる手当

一人親家庭の手助けをする手当ということで児童扶養手当があります。親の離婚とか死等の理由でシングルマザーによって育てられている児童の生活をを補助することを目的とした手当てです。受け取ることができるのは、父母が離婚をした場合とか、両親のいずれかが亡くなったり、または重い身体障害を患っている場合等です。未婚の親から産まれた子どもについても受給対象となります。新潟市西区など、窓口にて申請ができます。再度結婚したり、児童養護施設などや養父母に育てられているときには受給できません。

お子さんのいる世帯の助けとして、就学援助制度というものがあり、学校でつかわれる学用品や給食費などの手助けを受けることが可能です。各自治体の教育委員会に認められた方が受けることができますが、母子家庭で児童扶養手当をもらっている人なら認定される見通し大です。新潟市西区でも、小学校や中学校の新学年のときに申し込み書が配られて申し込みを受け付ける事になりますが、年の途中からでも申し込みは可能ですので個々の学校に問い合わせてみることをおすすめしまます。

新潟市西区のおすすめ情報

医療法人社団 五十川医院新潟市西区寺尾東1丁目18番24号025-260-1151
さかうえ眼科医院新潟市西区坂井東2丁目1番31号025-230-5121
八木小児科医院新潟市西区鳥原189ー3025-377-1288
中野内科医院新潟市西区小針台2-12025-265-3839
樋口内科消化器科医院新潟市西区五十嵐二の町8218番23025-262-0200
園田眼科医院新潟市西区鳥原633-14025-377-5677

失業手当の受給手続きをした後7日間の待機期間中も含め、失業給付金をもらっているときに短期のアルバイトで働く事は新潟市西区でも認められていますが、ハローワークの窓口に申告をする必要があります。指標として4週間のうち14日を超えない、週に3を超えないで、かつ20時間以内ならば認められる場合が多くなっていますが、申請しない場合は不正受給となります。不法行為で失業給付金をもらっていた時は、支払われていた額すべての他にその額の2倍、つまり三倍の額を返す必要があります。例えば100万円貰っていた場合は300万円が請求されます。

ページの先頭へ