小千谷市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が小千谷市でもらえる手当

子供を持つ世帯の手助けとして、就学援助制度があり、学校生活でつかわれる文房具とか修学旅行費などの補助がなされます。個々の自治体の教育委員会にみとめられた人が受けることができますが、母子家庭で児童扶養手当が払われている方なら認定される確率が高くなります。小千谷市でも、小学校や中学校で新学年が始まる時に申請書類が渡されて申請を受け付けることが多くなっていますが、年度のいつになっても申請できますので各々の学校側に問い合わせてみるようにしましょう。

シングルマザーというワードは小千谷市ではかなりなじみのあるものですが、父子家庭については、ほとんど使われていません。実際問題として、以前は児童扶養手当については母子家庭の子供のみが対象で、父子家庭には払われませんでしたが、平成22年からは、父子家庭ももらえるように法律が改正されました。子どもが幼いときは親権は母親が所有するケースがふつうなため父子家庭というのは珍しかったり、ある程度の職業に就いている事が大部分だったので、これまでは払われませんでしたが、母子家庭のみでなく、父子家庭にもサポートが必要ということが認定されたということです。

小千谷市のおすすめ情報

さわなか医院小千谷市城内3丁目3番13号0258-81-0058
小林整形外科医院小千谷市若葉3ー97ー10258-83-1154
小千谷総合病院小千谷市本町1丁目13番33号0258-83-3600
片貝医院小千谷市片貝町5035番地150258-81-2624
平成眼科医院小千谷市本町1-12-40258-82-2593
森平レディスクリニック小千谷市若葉町3丁目75番地0258-83-3104

会社都合にて仕事を辞めた特定理由離職者と認定されると失業保険の支給期間が長めになり支給される額も高くなっていきます。会社都合と聞くとクビというケースが思い浮かびますが、その他にも会社都合としてもらえるケースは小千谷市でも珍しくありません。報酬減少、長時間にわたる残業などといった勤務条件のため辞めたときでも会社都合とされて特定受給資格者になれる場合も少なくありません。加えて、結婚や夫の転勤等のため今の会社に通うことがハードな場所に引っ越す場合についても特定理由離職者と認定されます。

ページの先頭へ