佐渡市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が佐渡市でもらえる手当

シングルマザーの手助けをしてくれる手当てとなると児童扶養手当ですが、ほかにも、つかえる制度は用意されています。一人親の医療費の助成制度によって、医療費の一部の額を補助してくれて、佐渡市などの各役所の年金課で申し込めば利用できます。さらに、シングルマザーにかぎったものとはちがってきますが、国民年金や国民健康保険などの納付ができない場合は、申し込むことで支払額の全額とか半額を免除してもらう事も可能になっています。生活費の重荷を和らげるためにも使いたい仕組みです。

離婚によりシングルマザーになってしまった方は、毎月養育費を受け取っているといったケースが佐渡市でも多いと思います。そのようなときには養育費の支払いを生活費の一部ということで欠かせないものとしている方が大部分ですが、きっちり納めてくれなかったり、時間が経つと、パタッと払ってもらえなくなる等の危険も考えておきましょう。離婚を行う場合には公証役場で公正証書に残しておくというのが申し分ないのですが、少なくとも書類化して夫婦で捺印すると、揉め事を防げます。

佐渡市のおすすめ情報

りようつ眼科医院佐渡市両津夷3番地1夷本町ハギタビル1階0259-23-5275
高千診療所佐渡市北川内10510259-77-2022
山井眼科クリニック佐渡市石田96番
佐渡市赤泊診療所佐渡市赤泊2206番地30259-87-2033
汐彩クリニック佐渡市窪田20-10259-57-4031
医療法人社団 大崎医院佐渡市畑野754番地0259-66-2467

失業給付金の申請手続きをしてから7日間の待機期間も含めて、失業保険が出ている期間に一時的にバイトやパートで仕事をする事は佐渡市でも可能ですがハローワークの窓口に届出を行うことが不可欠です。基準として、4週間で14日を超えない、一週間で3以下で、さらに20時間以下であるならばOKな事がほとんどですが、報告しないままであると不正受給になります。不当に失業給付金を貰ったときは受け取っていた分全部のみでなくもらっていた額の2倍、わかりやすく言うと三倍の額を支払う必要があります。例えば100万円貰った例は300万を払うことが必要になります。

ページの先頭へ