新潟市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が新潟市でもらえる手当

シングルマザーを補助してくれる手当てといえば児童扶養手当になりますが、他にも、利用できる公的制度はそろっています。ひとり親の医療費助成の制度によって、医療費の一部を補助してもらえ、新潟市などの各役所の窓口にて申請することで受けられるようになります。そのうえ、シングルマザーだけのものとは違いますが、健康保険等を払えない時は届けることで全額や半分の金額の免除を受けるというような事も可能になっています。金銭面の重荷を緩和するためにもつかいたい公的制度です。

一人親家庭を助けてくれる母子手当てということで児童扶養手当があります。一人親世帯の子供の毎日の暮らしの安定をサポートする補助金で、新潟市等、市町村の窓口で届ければ支払われます。原則的には月に40000円位をもらうことができますが、申し込まないと受給することができないので、申告してない方は、しっかりと届け出るようにして下さい。子供が十八歳の誕生日を迎えて次の3月末まで支払われ、児童手当等と同様に子どもに対して設定されている公的制度です。毎日の暮らしをしていくために、子供の発達環境を準備する補助金です。

新潟市のおすすめ情報

五十嵐医院新潟市西蒲区小吉1074番地1025-375-5670
新潟医療生活協同組合 木戸病院新潟市東区竹尾4丁目13番3号025-273-2151
医療法人社団 相親会 相川ステーションクリニック新潟市中央区花園1丁目1番1号JR新潟支社ビル1F025-240-6605
こどもの医院おおば新潟市西蒲区巻甲3260番10256-73-3415
半藤医院新潟市北区嘉山2丁目2番7号025-387-4801
すがはら消化器内科クリニック新潟市西区五十嵐上崎山138番地1025-264-2722

新潟市でも就職活動の際には、何らかの資格を所持していると役立ちます。失業保険を受給している人をターゲットにした就職するためのスキル修得をサポートする講座として公共職業訓練があり決められた講座を無料で受けられます。同様に失業手当てを受け取っていない方をターゲットにした訓練として「求職者支援法に基づく認定職業訓練」が設定されていて、こちらにつきましても低コストの代金で受けることが出来ます。いずれもハローワークの窓口でカリキュラムを決定して申請します。ハローワークに行けば様々なカリキュラムについてのちらしが配られていますが窓口の職員と一緒に相談することも可能です。

ページの先頭へ