新発田市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が新発田市でもらえる手当

一人親世帯の援助をする助成金となると児童扶養手当ですが、ほかにも、受けられる公的制度は準備されています。例えば、一人親向けの医療費を助成する制度により、医療費の一部の額を援助してもらえ、新発田市などの各役場の年金課で申告することで利用できます。加えて、シングルマザーにかぎったものとは違ってきますが、年金や健康保険等を払うのが厳しい際は、申請すれば納付額の全体とか半分を免除してもらうというようなことができます。生活の重荷を省くためにも受けたい公的制度です。

離婚で母子家庭になってしまった方は月ごとに養育費が払われているといったケースが新発田市でも多々あります。そのような際には養育費のお金を家計をやりくりしていく上で頼りにしている方が多いですが、しっかり払ってくれなかったり、しばらくすると、ほとんど払ってもらえなくなる等といった可能性も考えておく必要があります。離婚をする際には公証役場で公正証書を作るというのがよいのですが、とにかく書類にして互いにサインしておくと、いざこざを防止できます。

新発田市のおすすめ情報

一般財団法人 下越総合健康開発センター新発田市本町4丁目16番83号0254-24-1145
久代医院新発田市西園町1-3-80254-22-2827
須貝医院新発田市藤塚浜18840254-41-2048
富樫医院新発田市中央町3丁目2番11号0254-22-3901
緑町内科・消化器科 やまだクリニック新発田市緑町2丁目16番9号0254-26-7177
田中医院新発田市諏訪町3丁目4番6号0254-22-3917

失業手当の申請手続き後の7日の待機期間中も含め失業手当を貰っている時にアルバイトで勤務する事は新発田市でも認められていますがハローワークに申請しなくてはいけません。指標として、4週間のうち14日を超えない、一週間で3以内で、かつ20時間以内であるなら問題ない事が大部分ですが、申告しないままにしておくと不正受給となってしまいます。不正をして失業保険を貰った場合には受給していた分のすべてと貰っていた額の二倍、わかりやすく言うと3倍の金額を払う必要があります。100万受給した時は300万円を請求されます。

ページの先頭へ