十日町市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が十日町市でもらえる手当

シングルマザーという単語は十日町市では普通に使われていますが、父子家庭は、それほど使われません。実際問題として、以前は児童扶養手当についてはシングルマザーの子どもだけに払われて、父子家庭は受給できませんでしたが、2010年から、父子家庭についても対象になるように修正されました。子供が幼い際は親権は母親という決定になる事が多いので父子家庭というのは多くなかったり、父側というのは収入となる職業を持つケースが多かったので、支給されませんでしたが、シングルマザーのみでなく、父子家庭にも補助が必要であるということが認定されたわけです。

離婚によって片親になってしまった人は毎月養育費を支給されているといったケースが十日町市でも少なくありません。そんな場合には養育費を家計のやりくりで必要不可欠なものとして扱っている方が大多数ですが、しっかり振り込んでくれなかったり、何年か経つと、ほとんど払われなくなる等のようなリスクも考えておきましょう。離婚をすすめる場合には公証役場にて公正証書を作成するようにするというのが最善ですが、何はともあれ書面にして両者で署名するようにしておくと、トラブルを回避できます。

十日町市のおすすめ情報

十日町市国民健康保険松之山診療所十日町市松之山1596番地1025-596-2240
医療法人社団 大坪医院十日町市四日町1743-10025-757-6100
おおふち眼科十日町市丑406番地1025-761-7788
医療法人社団 富田医院十日町市上新井1145-2025-761-0200
財団法人小千谷総合病院附属十日町診療所十日町市泉29番地025-752-4401
あさだ皮フ科十日町市稲荷町3丁目本通り

失業中の若者は十日町市でも期待通りに減らせず、大卒の就職率もだんだん下がりつつあります。そういう現状下で厚労省は正社員で勤めたい若年層を手助けすることに主眼を置いた「わかものハローワーク」を作りました。ターゲットとなっているのは、おおよそ45歳未満とされていて、望むならばひとりひとり担当が付き就活や履歴書をどう書くかなどについてのアドバイスも得られます。そして、仕事が続かないといった方向けに就職してからも相談を受けるなどというようなフォローもします。

ページの先頭へ