五泉市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が五泉市でもらえる手当

離婚の後に相手が養育費を支払ってくれない等というような厄介事になる事は五泉市でも少なくないです。相手側のお金の負担が大きく養育費を払うことができないときは現状に合った処置を取らなくてはいけませんが、金銭面で余裕があるのに養育費を払わないときには、それなりの処置をとる必要があります。離婚時に公正証書を作らなかった時も、請求するための調停を家裁に申し立てることもできます。千円程度にて行えて、弁護士はいりませんので、一度足を運びましょう。

一人親世帯の手助けをしてくれる手当てというと児童扶養手当ですが、他にも、活用できる公的制度は準備されています。一人親ための医療費助成の制度では、医療費のいくらかを負担してもらえ、五泉市などの役所の年金課で申し出ればつかえます。また、シングルマザーのみのものではありませんが、国民健康保険等の支払いが難しいときは届けることで全額とか半分の金額の免除を受けるといったことが可能です。生活費の重荷を軽減するためにもつかいたい公的制度です。

五泉市のおすすめ情報

こやま整形外科五泉市駅前1丁目3番31号0250-41-0321
金子医院五泉市村松甲1772番地0250-58-6073
たかうち医院五泉市赤海2丁目6番2号0250-43-6222
歌川医院五泉市本町2丁目2番35号0250-42-2065
やまむら整形外科医院五泉市太田2丁目2番14号0250-41-0555
伊藤産婦人科医院五泉市村松甲2190番地の10250-58-7101

障がいを持つ方はなかなか就職先が見つからないで参っているというような人が五泉市でも多くいます。そういう方に向けてハローワークにおいては専任担当者が就活の支援や新たな仕事に就いてからも相談を受けるなどというバックアップを行っています。また、障がいに理解を示し障害者枠を準備してリクルートを行う企業も増えてきています。身体障害者手帳の取得状況に影響されずに手助けを受けられて、障害者総合支援法に定められた支援を実施する就労移行支援事業所においては、障がいのある人のための職業トレーニングや履歴書の書き方等のフォローを受けることが出来ます。

ページの先頭へ