立川市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が立川市でもらえる手当

一人親世帯をサポートしてくれる手当てというと児童扶養手当になりますが、そのほかにも、利用できる手当は揃っています。例えば、ひとり親向けの医療費の助成制度では、医療費のいくらかを支援してもらえて、立川市などの役場の保険年金課にて申し込めば使えるようになります。加えて、シングルマザー限定のものとはちがってきますが、年金などを払えないときは、申告することですべてや半分を免除してもらう事もできます。暮らしの重荷をへらすためにも使いたい制度です。

子供のいる家族の支えとして、就学援助制度があって、授業でつかわれる文房具とか給食費用等のサポートを受けられます。おのおのの自治体の教育委員会に承認された人が対象になりますが、シングルマザーで児童扶養手当が払われている人であれば認定される公算大です。立川市でも、小中学校の学年変わりのときに申込み書がわたされて申請する事が多いですが、年度の時期に関係なく申請可能ですので個々の学校側に尋ねてみるようにしましょう。

立川市のおすすめ情報

医療法人社団 さいわいこどもクリニック立川市幸町一丁目11番地の3042-536-7280
菅家医院立川市柏町四丁目2番地150425-36-4602
たちかわファミリークリニック立川市高松町三丁目28番7号042-527-2783
耳鼻咽喉科永澤医院立川市曙町一丁目15番3号0425-24-6890
諏訪の森クリニック立川市柴崎町二丁目17番21号2階042-521-0022
田中医院立川市富士見町七丁目19番11号0425-24-5885

失業中の若者の人数は立川市でも思うように減らせず、卒業後の就職率もだんだん低くなる傾向にあります。そういった現況下で厚労省は正社員で就職したい若者を支援するための「わかものハローワーク」を各地に置きました。対象になっているのは、ざっくりと四十五歳未満とされていて、希望するならばひとりひとりスタッフが付いて求職活動や面接の受け方のアドバイスもしてくれます。加えて、仕事が長続きしないという方のために新しい仕事に就いてからも相談に乗ってもらえる等というバックアップもします。

ページの先頭へ