小平市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が小平市でもらえる手当

経済的に厳しいといったために就学が困難になっている児童向けに就学援助制度というものも小平市では用意されています。学校教育を誰でも受けられるように子ども向けに費用面でのサポートをするシステムです。たとえば、学校の授業で不可欠な文房具や通学用品費の一定額を援助してくれます。学校から申込み書類が配られますので、申し込みして通ればサポートしてもらえます。母子家庭で生きていくのが苦しい場合は検討しましょう。この支援を使っているかどうかはほかの子供や保護者にはわからないようになっています。

一人親世帯を支えてくれる助成金というと児童扶養手当ですが、ほかにも、利用できる手当は準備されています。ひとり親ための医療費を助成する制度により、医療費の一部を援助してもらえ、小平市などの市町村の役場の年金課にて申し出れば利用できるようになります。また、母子家庭に限ったものではありませんが、国民年金や健康保険等を支払えない場合は申し込めばすべてや半分の額を免除してもらうというような事もできます。金銭面の負荷を減らすためにも利用したい公的制度です。

小平市のおすすめ情報

宮村クリニック小平市学園西町二丁目13番37号カミデビル3階0423-42-5588
おかだクリニック小平市花小金井三丁目2番地5ドミール黒澤1階0424-60-8777
医療法人社団 太樹会 鈴の木台診療所小平市鈴木町一丁目228番地1042-341-3256
小平外科・大腸肛門科小平市美園町一丁目7番17号エスエフビル1階042-348-3348
緑成会整育園小平市小川西町二丁目35番1号0423-41-3011
医療法人社団 飛越会 沖クリニック小平市たかの台43番6号ウエリントンズビル1階042-348-8282

失業手当を受給期間最後まで受給してから勤務先を決めようという人は小平市でもたくさんいますが、就職を早くしてもらうことを主眼に置いた再就職手当ても利用できます。失業手当の受給資格を満たした後に就職した人で、給付期間の残りの日数が1/3以上あり、1年以上雇用される見込みの際に再就職手当を受給できます。給付期間の残りの日数が2/3より多くある場合は60パーセント、1/3以上のときは50パーセントをもらうことが可能です。過去三年以内に就業促進手当を受け取っていない事が条件になります。

ページの先頭へ