調布市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が調布市でもらえる手当

シングルマザーということばは調布市では社会的にも用いられていますが、父子家庭については、ほとんど使われません。実際、前は児童扶養手当は母子家庭の子のみが受給できて、父子家庭は対象に入っていませんでしたが、平成二十二年からは、父子家庭も払われるように改定されました。子供が幼いときは親権は母親になる場合が通常なので父子家庭は数が少なかったり、父親というのは暮らしていくのに足りる職業に就いていることが多数だったため、これまでは支給されませんでしたが、母子家庭だけでなく、父子家庭についても支援が不可欠であるということが認められた結果です。

母子家庭手当てのみならず、暮らしの補助を受けられる助成が調布市には準備されています。例えば、親が死んでしまい一人親になったケースでは遺族年金の対象となります。さらに離婚等で母子家庭になった時にも国民年金や国民健康保険などの納付が難しい場合は全部とか半額の免除を受けることもできますので、支払えそうにないときは減免の対象か、役所へ聞いてみることをオススメします。他にも、母子家庭の医療費を部分的に支援してもらえる社会制度も設けられています。

調布市のおすすめ情報

つつじヶ丘メンタルクリニック調布市西つつじケ丘三丁目34番地6池田ビル2階042-442-8505
医療法人社団 新穂会 さくら皮膚科スキンケアクリニック調布市仙川町一丁目50番地1パール仙川Ⅲ2階03-5969-9833
高橋クリニック調布市多摩川五丁目15番地5プレセントM2階203号0424-98-1053
調布ヶ丘耳鼻咽喉科医院調布市調布ヶ丘二丁目27番地9042-480-6862
菅間医院調布市小島町一丁目24番地50424-82-8830
医療法人社団 SJS 金子レディースクリニック調布市調布ケ丘三丁目19番地13042-426-7800

失業保険を受給するためには調布市でも管轄のハローワークで手続きを行います。手続きのときに求められるものは離職する時に出された離職票(1)と離職票(2)、雇用保険被保険者証です。写真については上半身が写った縦3cm横2.5cmの大きさの写真を2枚持って行きます。本人確認の書類は運転免許証があれば1枚、顔写真がない証明書等については2枚準備します。加えて印鑑と本人名義の通帳を持参しておきます。

ページの先頭へ