大田区のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が大田区でもらえる手当

一人親家庭を助ける公的制度として児童扶養手当があります。離婚、死等によりシングルマザーによって育てられている子の日々の暮らしをを助けることが目的の助成金になります。受給できるのは、親が離婚をした場合とか、両親の一人が死亡したり、または身体障害を抱えるケースなどです。結婚前の母親の子供ももらうことができます。大田区など、各役場で申請します。再び結婚したり、養護施設などや養父母に育てられている時には対象外です。

シングルマザーという言葉は大田区では当たり前のように浸透していますが、父子家庭については、それ程つかわれていません。実際に以前は児童扶養手当は母子家庭の子どもだけが対象で、父子家庭は対象からははずされていましたが、平成二十二年からは、父子家庭についても支払われるように是正されました。子供が小さい際には母親が引き取る場合が一般的なので父子家庭は多数派でなかったり、父親というのは安定した仕事を持っている場合が多数だったので、払われませんでしたが、シングルマザーのみでなく、父子家庭についてもサポートが不可欠であると認められたのです。

大田区のおすすめ情報

岩田耳鼻咽喉科大田区仲六郷二丁目16番3号03-3735-1787
松坂医院大田区萩中一丁目6番28号03-3741-0985
森山医院大田区久が原二丁目8番8号03-3751-3930
医療法人社団 鵲志会 伴野内科クリニック大田区久が原三丁目36番13号久が原クリニックビル1階03-5747-1188
医療法人社団 清水会 蒲田南口腎クリニック大田区西蒲田八丁目4番5号コアタカセ1階2階3階03-5744-3215
田園調布クリニック大田区田園調布三丁目5番7号03-3722-0801

障がいがある人の中には期待通りに働き口が見つからず困っているというような方が大田区でもたくさんいます。そうした人に向けてハローワークにおいては専門の担当者により仕事探しについての支援から仕事に就いた後も悩相談ができるなどといったバックアップを行われています。加えて、障がいを理解し障がい者枠を設けて採用活動を行う会社も増えています。身体障害者手帳の取得状況に関係なく後押しを受けることができ、障害者総合支援法に定められた支援を実施している就労移行支援事業所においては障害のある方のための職業訓練や面接の対策の助言を受けることが出来ます。

ページの先頭へ