国立市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が国立市でもらえる手当

離婚によって片親になってしまった人は、毎月養育費が支払われているというようなケースが国立市でも少なくないです。そのような時には養育費の支払いを生活費の一部ということで期待している方が大部分だと思いますが、きちんと払い込んでくれなかったり、しばらくすると、不意に支払いが滞る等の可能性も考慮に入れなくてはいけません。離婚の手続きをする場合には公証役場で公正証書をつくっておくようにするというのがよいのですが、まずは書面にして両者で署名すると、トラブルを避けられます。

国立市の母子家庭の人によっては、金銭的に困難になってくると定期的な請求料金を滞納してしまう事もあります。税金の納付とか携帯料金など、定期的な請求額がかさむと遅れてしまいがちです。そのような時に見過ごしがちになるのが遅延利息になります。期限に支払えなかった延滞分については延滞料を付け足して納めないといけなくなるケースも多くあります。その際の年率というのは思いのほか高めになってしまい、10数%を超えてくる場合が少なくないので、金利が低く借入れできるキャッシングで借り入れしてしまって支払ってしまったほうが支払いが少なくて済むというケースも少なくありません。

国立市のおすすめ情報

みねざき眼科国立市西二丁目11番地30425-77-1817
ゆきさだ内科国立市北二丁目19番地20042-574-1520
国立市医師会休日診療所国立市富士見台三丁目16番地60425-76-2341
青葉医院国立市北三丁目15番地2042-527-1219
宮崎皮膚科国立市東一丁目13番地420425-75-3908
森川耳鼻咽喉科国立市富士見台二丁目18番地8谷保クリニックビル2階0425-77-7502

ハローワークでは失業給付金を受給する手続きなどについても受け付けています。失業給付金とは、所定の期間働いていた方が離職して、新規の勤め先を探すまでの間の就職活動をバックアップする給付金になります。もらう条件としては、雇用保険に前の1年に6ヶ月間を超える期間入っている事が不可欠になります。パートやバイトとして雇用されていた方は2年の間で1年超の期間の加入が条件です。国立市でも仕事に就く希望があり、何時でも働けることが必要ですし、仕事探しもしていることが必要です。

ページの先頭へ