堺市堺区のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が堺市堺区でもらえる手当

一人親世帯を助けてくれる手当てとなると児童扶養手当になりますが、その他にも、つかえる公的制度はあります。例えば、ひとり親向けの医療費を助成する制度では、医療費の一部の金額を補助してくれて、堺市堺区などの市町村の役所の保険年金課にて申告することで使えるようになります。加えて、母子家庭にかぎるものとはちがいますが、国民年金や国民健康保険等の納付が困難な時は、届けることで支払額の全額とか半分を免除してもらうことが可能になっています。お金の負担を省くためにも活用したい助成です。

母子家庭や父子家庭を支えてくれる制度ということで児童扶養手当が用意されています。一人親世帯の子どもの生活の安定を支えてくれる補助金で、堺市堺区など、各役場にて申告すれば支払われます。通常は月ごとに4万円くらいを受給することができますが、申請しないともらうことができないため、届け出てないときは、確実に申告するようにしましょう。子どもが18歳の誕生日を迎えて次の三月末をむかえるまで受け取ることができ、児童手当等のように子どものために支払われるシステムです。毎日の暮らしを維持するために、子供の状況を整える補助金になります。

堺市堺区のおすすめ情報

佐道医院堺市堺区桜之町西一丁1番24号072-232-2635
蓑田医院堺市堺区大町西1-2-24072-232-4967
図子眼科堺市堺区三国ヶ丘御幸通59番地南海堺東ビル(4022)072-233-8311
いしだ医院堺市堺区一条通15番25号072-238-6668
笠クリニック堺市堺区中瓦町一丁4番27号小西ビル2階072-221-3847
駒井眼科院堺市堺区柳之町西一丁1番24号072-233-1359

堺市堺区でも求職活動のときには特殊な能力を持っていると有利になります。失業保険を受け取っている人をターゲットにした就職活動のためのスキル修得を後押しする訓練として公共職業訓練があって指定された講座を学ぶことが出来ます。同じ様に失業保険が出されていない方を対象に制度として求職者支援訓練が設けられていて、こちらについてもテキスト代のみの代金で受講することが出来ます。両者ともハローワークに行ってコースを検討して申し込みます。ハローワークは色々な講座のカタログが配られていますが窓口のスタッフと一緒にアドバイスをもらうことも可能です。

ページの先頭へ