大阪市港区のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が大阪市港区でもらえる手当

母子手当てだけではなく、金銭面の手助けをしてもらえる助成が大阪市港区には揃っています。例として、夫を亡くしてしまい母子家庭になった際には遺族年金の受給の対象となります。そして、離婚等によって一人親になってしまった場合も国民年金などを払えないときは、全体や半分の免除を受けるという事が可能ですので、払えそうにない場合は減免してもらえるか、役所へ聞いてみるようにしましょう。ほかにも、シングルマザーの医療費の一部の金額を支援してもらえる制度も用意されています。

一人親世帯をサポートする助成金として児童扶養手当が提供されています。母子家庭の子の日々の暮らしの安定の援助をする公的制度で、大阪市港区など、窓口にて申請することでもらえます。原則的には月ごとに40000くらいが受給することができますが、申請しないと受け取れないため、届けていない方は、必ず申し込むようにしてください。子供が18才の誕生日を迎えてつぎの三月末まで払われ、児童手当などと同じく子どものために提供されている制度です。日々の暮らしを維持をしていくために、子供の環境を準備する支援金です。

大阪市港区のおすすめ情報

医療法人南労会 松浦診療所大阪市港区弁天二丁目1番30号06-6574-8010
香山医院大阪市港区弁天四丁目15番14号香山海運ビル1階06-6573-3000
医療法人 賴医院大阪市港区波除三丁目7番12号スカイアット弁天06-6584-8782
医療法人 鈴木医院大阪市港区三先一丁目11番27号06-6572-2572
医療法人 堀井耳鼻咽喉科大阪市港区池島一丁目1番20号06-6572-4658
医療法人 前田診療所大阪市港区波除二丁目6番2号06-6581-1248

大阪市港区でもハローワークで申し込めば公共職業訓練ができます。退職者が仕事に就くのに必要な資格を身につけられる制度であって発生する代金は教材代金のみしかかかりません。ハローワークに行けばいろいろなリーフレットが配られていますので受講希望のカリキュラムを選んでハローワークを通して応募します。三か月間以下で行われるカリキュラムの場合は書類による選考ですが、6ヶ月間超の場合は面接、ペーパーテストなどにて選ばれます。大切なのは学びたいという熱意です。

ページの先頭へ