守口市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が守口市でもらえる手当

一人親世帯を補助してくれる助成金となると児童扶養手当になりますが、それ以外にも、利用できる仕組みはそろっています。たとえば、ひとり親向けの医療費を助成する制度によって、医療費のいくらかを補助してもらえ、守口市などの市町村の役所の窓口にて申し込めば受けられます。そのうえ、シングルマザーのみのものとはちがってきますが、年金や国民健康保険等の支払いが困難な時は申し出ることで納付額の全部とか半分の額の免除を受けるという事も可能になっています。生活の負担を軽減するためにもつかいたい公的制度です。

母子家庭や父子家庭を補助する母子家庭手当てということで児童扶養手当があります。シングルマザーの子どもの生活の手助けをする手当てで、守口市など、市町村の役所で届ければ受給することができます。通常は月に40000円ほどを受け取ることができますが、届け出ないと支払われないので、まだ申告していないときは、しっかり申請するようにしてください。子どもが18才の誕生日を迎えて次の3月末をむかえるまでもらえ、児童手当等と同様に子供のために設定されているシステムです。毎日の生活を営んでいくために、子供の発達環境を用意する支援金です。

守口市のおすすめ情報

なずな園診療所守口市八雲北町二丁目26番1号06-6997-7270
王子医院守口市緑町9番1号06-6991-1607
大島医院守口市竜田通二丁目7番6号06-6991-2875
舟橋医院守口市早苗町7番18号06-6991-0345
医療法人 橋本クリニック守口市金下町二丁目12番5号06-6991-2555
医療法人博心会 坂本整形外科守口市大久保町三丁目34番8号ネイチャー21ビル1F06-6900-7001

守口市でも就活のときには、何がしかのスキルを身に付けているとプラスになります。失業保険を受給している方をターゲットにした就活のためのスキル修得を助ける訓練として公共職業訓練が設けられていて規定のコースを学習できます。同じく失業手当てが出ていない人をターゲットにした研修ということで「求職者支援法に基づく認定職業訓練」が設けられていて、こちらにつきましても低コストの代金で学べます。二つともハローワークの窓口でカリキュラムを決定して申し込みをします。ハローワークに多様なカリキュラムに関するパンフレットがありますが窓口の職員といっしょに指導してもらうことも可能です。

ページの先頭へ