羽曳野市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が羽曳野市でもらえる手当

母子家庭や父子家庭を助けてくれる手当として児童扶養手当が用意されています。一人親家庭の子どもの毎日の生活の援助をする手当で、羽曳野市等、窓口で届ければ受け取れます。基本的には月ごとに四万位が受給できますが、届け出ないともらうことができないので、届け出ていない時は、確実に申請するようにして下さい。子どもが18歳の誕生日を迎えて次の3/31まで受け取れ、児童手当等のように子供に用意されている制度です。生活を営んでいくために、子供の発達環境を準備する手当です。

シングルマザーの援助をしてくれる助成金となると児童扶養手当になりますが、ほかにも、利用できる補助金はあります。例として、一人親ための医療費の助成制度により、医療費を部分的に助成してもらえ、羽曳野市などの各役所の保険年金課にて申告すればつかえます。さらに、シングルマザーに限るものとはちがってきますが、年金などを払うのが厳しい場合は、申し込めば支払額の全体や半分の額を免除してもらうというようなことも可能になっています。金銭面の負担を緩和するためにも受けたい助成です。

羽曳野市のおすすめ情報

田仲はびきのクリニック羽曳野市河原城19番1号072-939-0070
医療法人祐青会 祐青診療所羽曳野市白鳥二丁目3番10号0729-57-7777
仲谷クリニック羽曳野市野々上五丁目6番10号072-939-0450
医療法人 かわむら眼科羽曳野市白鳥一丁目4番13号D・H白鳥ビル2階0729-50-0150
医療法人厚和会 ぶどうの家診療所羽曳野市駒ケ谷404番地072-950-0155
江藤クリニック羽曳野市西浦1242番6号072-956-8881

羽曳野市でもハローワークに行って失業保険についての手続きをした後も、申請者が失業状態を認めるため、四週間に1度の頻度でハローワークに出向いて、失業状態の認定をしてもらいます。その時に見られるのは、仕事が無い失業した状態だという項目と、どんな風に就活をしているかというようなことになります。勤務先を決定したにもかかわらず失業保険を受給する場合のほかにも、求職活動してないのにごまかした報告をしたり、短期の仕事を行ったにもかかわらず報告しなかったときについても不正受給になります。

ページの先頭へ