合志市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が合志市でもらえる手当

一人親家庭を助ける公的制度には児童扶養手当が用意されています。一人親家庭の子どもの毎日の暮らしの援助をする公的制度で、合志市等、窓口にて申請すればもらえます。基本的には毎月4万程度を払われますが、申告しないと受給できないので、まだ申告してないときは、しっかり届け出るようにしてください。子どもが18歳になって次の三月末まで払われ、児童手当等と同様に子どものために支払われる公的制度になります。毎日の暮らしを維持するために、子供の成長環境を整える手当です。

一人親世帯をサポートする手当てといえば児童扶養手当ですが、その他にも、使える手当てはそろっています。たとえば、ひとり親ための医療費の助成制度では、医療費の一部の額を負担してもらえ、合志市などの各役場の年金課にて申し込めば受けられます。さらに、母子家庭にかぎったものではありませんが、国民年金や国民健康保険等を支払うのが困難なときは申請することですべてや半額を免除してもらうといったこともできます。暮らしの負荷を軽くするためにも利用したい仕組みです。

合志市のおすすめ情報

平瀬内科医院合志市幾久富1909-227248-5227
宮川内科医院合志市栄2497-10096-248-2155
むさし眼科クリニック合志市幾久富1909-545096-248-6390
まつおか小児科内科合志市須屋1635-59096-227-6213
医療法人社団栄康会 ひかりケ丘眼科・内科医院合志市幾久富1909-1379096-348-6305
産科婦人科大竹クリニック合志市須屋680-1096-344-3232

合志市でもハローワークに行って失業保険についての申請手続きをした後も、申請者が失業の事実を判断するため、四週に1度の頻度でハローワークに足を運んで失業保険の認定を受けます。その際に調べられるのは、働いていない状況だというような事と、どんな感じで就活を進めているかといった事になります。職場が決まった状況で手当を受け取るケースはもちろんですが、就活をしていないにもかかわらず事実と異なる報告をしたり、短期バイトをしていたにもかかわらず報告しなかったときも不正受給です。

ページの先頭へ