阿蘇郡小国町のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が阿蘇郡小国町でもらえる手当

離婚でシングルマザーになってしまった方は毎月養育費を支払ってもらっているといった場合が阿蘇郡小国町でも少なくないです。そういった場合には養育費のお金を家計の一部としてたよりにしている方が大多数ですが、しっかり納めてくれなかったり、何年か経つと、突然支払いが滞る等といった問題も考えておきましょう。離婚を決める時には公証役場で公正証書にしておくようにするというのが最善ですが、少なくとも書類化して夫婦でサインするようにすると、ごたごたを防げます。

お子さんのいる世帯の支えとして、就学援助制度があり、義務教育に必要な学用品とか通学用品費等のサポートをしてもらうことが可能です。個々の自治体の教育委員会に認定された方が受けることができますが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている人ならば認定される確率は高くなっています。阿蘇郡小国町でも、小中学校の学年変わりの際に申し込み書がくばられて受け付ける事が多くなっていますが、途中でも申し込めますのでおのおのの学校に相談してみるようにしましょう。

阿蘇郡小国町のおすすめ情報

おぐに整形外科阿蘇郡小国町宮原1771-1-10967-46-2121
小国公立病院阿蘇郡小国町宮原17430967-46-3111
鶴田医院阿蘇郡小国町宮原16000967-46-2056
おおむら内科クリニック阿蘇郡小国町宮原425-120967-32-8010

失業保険を受け取れる期間については阿蘇郡小国町でも何年勤務したかと年齢と仕事を辞めた理由にて変わってきます。自己都合によって仕事を辞めた方で65歳未満の時では勤続年数が1年以上10年未満で90日、20年未満ならば120日、20年以上で150日になります。退職理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合の方の期間よりも多くなって、最終的にもらえる額も高くなります。自己都合によって仕事を辞めた時には3ヶ月の給付制限が決められていて、一定期間を過ぎないと失業手当を支給してもらえないことになっていますが、会社都合で仕事を辞めた場合は特定受給資格者となるため、それらの制約がなくなります。

ページの先頭へ