山鹿市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が山鹿市でもらえる手当

シングルマザーをサポートする手当てには児童扶養手当があります。離婚とか死別等の理由でシングルマザーに養われている子供の毎日の暮らしををサポートすることが目的の補助金になります。対象となるのは、両親が離婚をした場合とか、両親の一人が死亡したり、または重度の身体障害を持っている場合などになります。未婚の親から生まれた子どもについてももらうことができます。山鹿市など、窓口にて申請します。再婚した場合や、児童養護施設等や養父母に養われている場合には受け取れません。

山鹿市のシングルマザーの人によっては、生活費がきびしくなり定期的な請求が遅れがちになる事も多々あります。税金、携帯料金等、定期的な請求額が多くなってくると滞納してしまいがちになってきます。そんな場合に見逃しがちになるのが遅延利息です。払込期限に払えなかった分は遅延利息をプラスして納めなくてはいけなくなってしまうケースも少なくありません。その延滞利息というのは予想より高めになってしまい、十数%以上の場合が珍しくないので、低金利で借入れ可能なキャッシングで借金して支払ってしまったほうが額が少なくて済むというような場合も少なくありません。

山鹿市のおすすめ情報

東内科小児科医院山鹿市方保田3145-60968-44-3444
三森循環器科・呼吸器科病院山鹿市大橋通12040968-42-1234
くりた皮ふ科医院山鹿市山鹿494-70968-44-1411
中川医院山鹿市鹿本町御宇田4460968-46-3106
たなか眼科医院山鹿市山鹿992-80968-43-3415
はとの眼科クリニック山鹿市鹿本町御宇田722ー10968-46-1700

失業手当を受けられる期間については、山鹿市でも働いた年数と年齢と退職の理由で変動してきます。自己都合によって職を離れた方で65歳未満である場合では働いた年数が1年以上10年未満であれば90日、20年未満ならば120日、20年以上であれば150日です。仕事を辞めた理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合離職の方の期間とくらべて長くなり、それだけ受け取れる金額についても増えます。加えて、自己都合で退職した場合には3ヶ月間の給付制限というものがあり、一定の日数が過ぎないと失業保険の給付がされないのですが、会社都合によって職を離れた場合には特定受給資格者となるため、そうした制限はかかりません。

ページの先頭へ