荒尾市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が荒尾市でもらえる手当

一人親家庭を助ける手当といえば児童扶養手当になりますが、そのほかにも、つかえる補助金は設けられています。例えば、一人親向けの医療費を助成する制度によって、医療費の一部を補助してもらえて、荒尾市などの役場の窓口で申告すればつかえるようになります。さらにシングルマザーに限定されるものとは違ってきますが、年金などの支払いが難しい場合は、申し込むことで納付額の全額とか半額を免除してもらうというようなことが可能になっています。暮らしの重荷を省くためにも受けたい制度です。

離婚によってシングルマザーになってしまった人は月額で養育費をもらっているというような場合が荒尾市でも珍しくないです。そのような時には養育費の金額を暮らしを維持していく上で頼っている方が多いですが、しっかりと納めてくれなかったり、時間が経つにつれ、不意に支払いが止まる等の可能性も考えておく必要があります。離婚を進める際には公正証書にしておくというのが万全なのですが、何はともあれ記録して二人で署名すると、揉め事を防げます。

荒尾市のおすすめ情報

荒尾中央病院荒尾市増永1544ー10968-64-1333
くどう小児科クリニック荒尾市東屋形4丁目2-10968-64-5511
南整形外科医院荒尾市荒尾4544-250968-64-2302
石塚眼科医院荒尾市荒尾上西田789-150968-64-2780
さかた耳鼻咽喉科クリニック荒尾市緑ケ丘2-4-10968-69-3310
荒尾こころの郷病院荒尾市荒尾19920968-62-0657

失業手当についての手続きをしてから一週間の待機期間も含めて失業保険が支払われている期間にアルバイトで働くことは荒尾市でも許されていますがハローワークの窓口に届け出をする必要があります。判断基準として4週間の内14日以内、一週間で3以下で20時間以内ならばOKな場合が多くなっていますが、申請しない時は不正受給となってしまいます。不正をして失業手当をもらっていた場合には貰っていた分全部以外にも、受給していた分の二倍、要するに3倍の金額を支払うことが必要になります。例えば100万貰った時は300万円を支払う義務があります。

ページの先頭へ