南相馬市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が南相馬市でもらえる手当

母子家庭手当のほかにも、お金の補助を受けることができるシステムが南相馬市には揃っています。例えば、父親が死亡してしまいシングルマザーになった時には遺族基礎年金がもらえます。また、離婚などでシングルマザーになったケースでも国民健康保険等を支払えない際は、全体とか半分の額を免除してもらうこともできるので、支払えない場合は減免が可能かどうか、各役所へ相談しましょう。その他にも、一人親家庭の医療費の一部の金額を支援してくれる公的制度もそろっています。

離婚でシングルマザーになってしまった人は月額で養育費を支給されているというようなケースが南相馬市でも多々あります。それらのときには養育費の金額を生活を維持していく上で当て込んでいる方が大部分だと思いますが、きちっと払われなかったり、何年かすると、ほとんど支払いが止まる等のリスクも想定しておく必要があります。離婚を行う際には公証役場にて公正証書を作成するのが理想ですが、とにかく書類化して両者で捺印しておくと、もめごとを回避できます。

南相馬市のおすすめ情報

福島県厚生農業協同組合連合会鹿島厚生病院南相馬市鹿島区横手字川原20244-46-5125
今村医院南相馬市小高区仲町1ー710244-44-4120
ひぐちクリニック南相馬市原町区日の出町125ー20244-25-2622
亘理内科小児科医院南相馬市原町区東町3ー300244-23-2365
しいな脳神経外科クリニック南相馬市原町区東町1ー72ー20244-23-1747
石原クリニック南相馬市原町区南町4ー25ー50244-22-2212

失業保険を支給される期間ギリギリまで受け取ってから仕事をしようという人は南相馬市でも少なくありませんが、再就職を急いでもらうための再就職手当てといったものもあります。失業給付金の受給資格を所有した後に仕事に就いた方で、給付期間の残り日数が1/3より多くあって一年以上雇用される予定の場合に就業促進手当をもらうことが可能です。給付期間の残り日数が3分の2よりたくさんある場合は60パーセント、1/3以上の場合には50パーセントの額をもらえます。これまでの3年に就業促進手当を支給されていない事が条件になります。

ページの先頭へ