喜多方市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が喜多方市でもらえる手当

児童扶養手当のみでなく、金銭面の支援を受けられる補助が喜多方市には揃っています。父が亡くなってしまってシングルマザーになってしまった時には遺族年金を受け取れます。加えて、離婚等によって母子家庭になってしまった時にも国民年金や国民健康保険などを支払うのが難しい時は、納付額の全部とか半分の金額の免除を受けるというような事も可能なので、支払えないときは減免をうけられるか、窓口に足を運びましょう。ほかにも、片親家庭の医療費の一部を支援してくれる社会制度も設けられています。

離婚により一人親になってしまった人は月ごとに養育費が支払われているというような場合が喜多方市でも少なくありません。そんなときには養育費のお金を生活を維持していく上で頼っている方が大部分だと思いますが、きちんと支払ってくれなかったり、しばらく経つと、まったく払ってもらえなくなるなどのような可能性も考慮に入れなくてはいけません。離婚を決める場合には公証役場で公正証書の形にするのが万全なのですが、とにかく文書化してお互いにサインしておくと、揉め事を防げます。

喜多方市のおすすめ情報

医療法人福田耳鼻咽喉科醫院喜多方市西四ッ谷2750241-24-4187
医療生協きたかた診療所喜多方市字押切東1ー330241-23-3611
市役所前の診察室大竹内科喜多方市字梅竹7294ー20241-22-0241
鳴瀬病院喜多方市字稲荷宮7307ー10241-24-3333
斎藤医院喜多方市中町28890241-22-0212
藤井医院喜多方市清水台3ー1490241-23-0023

失業保険を支給期間最後まで支給してもらってから勤務先を決めようといった方は喜多方市でもたくさんいますが、就職を促すために設定された再就職手当という制度もあります。失業保険を受給する認定を所有した後に就職した人で、給付期間の残り日数が1/3以上あって一年以上働く予定の場合に就業促進手当を受け取ることが可能です。支給期間の残り日数が3分の2よりたくさんある際は60パーセント、3分の1以上の場合には50パーセントの額を受給することが可能です。最近三年間に就業促進手当を受け取っていない事が条件になります。

ページの先頭へ