二本松市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が二本松市でもらえる手当

二本松市の母子家庭の方の中には、お金がつらくなると月々の支払に遅れてしまうことも多いです。ローンの返済、新聞料金等、定期的な支払が多くなってくると遅延してしまいがちになります。それらの場合に注意したいのが延滞金になります。支払い期日に遅れた延滞分については延滞金をプラスして納めなくてはいけないケースも多数あります。その際の延滞利息というのは意外と多めになりがちで十数%を超えてしまうケースが多くなるので、低い金利で借金できるキャッシングにて借金して納めてしまったほうが費用が多くないというケースも少なくない。

シングルマザーということばは二本松市では当たり前のように知られていますが、父子家庭については、ほとんど用いられません。現実に昔は児童扶養手当については母子家庭の子どもだけで、父子家庭はもらえませんでしたが、平成二十二年からは、父子家庭ももらえるように修正されました。子どもが小さい時は親権は母親が所有する事が多いので父子家庭というのは多くなかったり、父親は暮らしていくのに足りる職についている場合がほとんどだったため、これまでは対象外にされてきましたが、シングルマザーにかぎらず、父子家庭にも助けが不可欠であるということが認定されたわけです。

二本松市のおすすめ情報

医療法人森小児科医院二本松市郭内2ー3410243-22-3215
医療法人辰星会枡記念病院二本松市住吉1000243-22-3100
みずのクリニック二本松市根崎1ー550243-23-5158
本田レディスクリニック二本松市本町1ー2290243-22-0301
医療法人静心会斎藤医院二本松市若宮2ー204ー10243-22-0036
佐久間内科小児科医院二本松市本町1ー2370243-22-0570

就職していない若者の割合は二本松市でもなかなか減らすことが出来ず、新卒の就職率についても次第に低くなっていっています。その状況の中で厚生労働省は正規雇用の仕事をしたい若者を助ける「わかものハローワーク」を各地に設けています。ターゲットとしているのは、ざっくり45歳未満になっていて、望めば個別に担当が就職活動や面接をどう受けるか等についての指導も受けられます。また、仕事をすぐに辞めたくなるというような人のために就職後も相談に乗ってもらえるなどのバックアップもしています。

ページの先頭へ