田村市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が田村市でもらえる手当

離婚によって母子家庭になった方は、月ごとに養育費をもらっているというような場合が田村市でも多いと思います。そんな際には養育費の額を生活を維持していく上でたよりにしている方が多いですが、きちんと支払ってくれなかったり、ある時期を境に、急に支払われなくなるなどといったリスクも考えておいてください。離婚をする時には公正証書にしておくのがベストですが、少なくとも書面化して両者で署名すると、トラブルも少なくすることができます。

お子さんのいる家庭の手助けとして、就学援助制度があって、学校教育で必要な文房具や通学用品費等のサポートをしてもらえます。各々の自治体の教育委員会に認定された方が対象になりますが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている人ならば対象となる確率大です。田村市でも、学校が始まるときに申請書類がくばられて受け付けることが大部分ですが、年度の時期に限らず申し込みは可能ですので各々の学校に相談してみてください。

田村市のおすすめ情報

大久保クリニック田村市船引町船引字扇田2110247-82-2555
大方病院田村市船引町船引字南町通1110247-82-1117
こじま眼科田村市船引町船引字源次郎125ー400247-81-2333
医療法人 遠藤医院田村市船引町門沢字直道3380247-85-2016
まつえ整形外科田村市船引町船引字源次郎125ー310247-81-1222
医療法人明孝会 青山医院田村市常葉町常葉字荒町480247-77-2015

失業手当の給付期間は、田村市でも勤務した年数と年齢と離職した理由で違います。自己都合にて職を離れた人で65歳未満である事例では勤務した年数が1年以上10年未満であれば90日、20年未満であるならば120日、20年以上なら150日になります。会社を辞めた理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合退職の方の期間とくらべて長くなり、その分支給される金額も増えます。さらに、自己都合にて会社を辞めた時には3カ月間の給付制限というものが設定されていて、決められた日数を経ないと失業給付金の支給がされないのですが、会社都合にて離職した時には特定受給資格者になるので、そうした制約がなくなります。

ページの先頭へ