多治見市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が多治見市でもらえる手当

離婚によって片親になった方は毎月養育費が払われているという場合が多治見市でも多いと思います。それらの際には養育費の金額を家計の一部として当て込んでいる方が大部分ですが、しっかり払い込んでくれなかったり、しばらくすると、ほとんど支払われなくなるなどの問題も考えなくてはいけません。離婚をしようとする際には公正証書をつくっておくのが理想ですが、少なくとも書類化して互いに署名するようにすると、問題を避けることもできます。

母子家庭というワードは多治見市では自然につかわれていますが、父子家庭については、あまり馴染みがありません。現実に前は児童扶養手当についてはシングルマザーの子どもだけが受給できて、父子家庭には支払われませんでしたが、2010年からは、父子家庭も支給されるように改正されました。子どもが小さい時は母親に親権が認められることがふつうなので父子家庭というのは少数であったり、安定した仕事に就いている事が大部分だったので、これまで受給対象外にされてきましたが、母子家庭に限らず、父子家庭にも支えが不可欠であると理解された結果です。

多治見市のおすすめ情報

中西ウィメンズクリニック多治見市大正町1-450572258882
水野内科多治見市幸町7-28-140572202055
恒川眼科多治見市太平町6-580572257277
たじみ内科多治見市広小路2-120572-22-2333
林かつひこ内科・循環器科多治見市明和町4-4-90572202002
サニーサイドホスピタル多治見市小名田町西ケ洞1-3250572258110

失業手当についての受給手続きを行った後一週間の待機期間も含めて失業手当が出ている間に一時的にアルバイトで仕事をすることは多治見市でも認められていますが、ハローワークへ申請しなくてはなりません。判断基準として、4週間のうち14日を超えない、一週間で3を超えないで20時間以下であるなら大丈夫なことが多くなっていますが、届出しないと不正受給となります。不法に失業保険が支払われていたときにはもらっていた額全額のみならず、もらっていた分の2倍、わかりやすく言うと3倍の金額を返還することが必要になります。例えば100万円受け取っていた事例は300万を払うことを要求されます。

ページの先頭へ