土岐市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が土岐市でもらえる手当

一人親家庭の手助けをするシステムとして児童扶養手当が用意されています。親の離婚とか死亡等にてシングルマザーに育てられている子どもの毎日の暮らしをの援助をすることを目的とした手当になります。支払われるのは、親が離婚しているケースや、親の一人が亡くなったり、または重度の障害を抱えるケース等です。結婚していない母親の子についても受け取ることができます。土岐市など、市町村の役場で申し込めます。再婚した場合や、福祉施設などや養父母に養われている時にはもらうことができません。

土岐市のシングルマザーの方の中には、金銭面で苦しくなってくると月ごとの支払いが遅延しがちになる事もあると思います。年金やガス代など、期限のある請求料金が増えてくると遅れてしまいがちです。それらの時に見落としがちになるのが延滞金になります。納付期日を過ぎた遅延分について、遅延利息を上乗せして払わないといけなくなってしまうというようなケースも多々あります。そのときの利率は予想より多くなっていて十%を超えてくる場合が多々あるため、低金利で借金可能なキャッシングにて借りてしまって払い込んだほうが出費が少ないという場合も多いです。

土岐市のおすすめ情報

土岐市及び瑞浪市休日急病診療所土岐市駄知町1272ー50572-59-1500
井箟医院土岐市下石町1001-10572576906
陶生堂医院土岐市駄知町22580572592171
松本クリニック土岐市泉梅ノ木町1-240572540567
タカギクリニック土岐市泉神栄町4-50572553959
鈴木医院土岐市泉岩畑町2-530572557111

失業給付金の受給期間は土岐市でも勤めた年数と年齢と会社を辞めた理由によって差が出てきます。自己都合により職を離れた方で65歳未満のケースでは会社に在籍した年数が1年以上10年未満であれば90日、20年未満であるならば120日、20年以上であるならば150日になります。退職した理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合離職の方の期間よりも多くなって、その分もらえる額についても高くなります。自己都合により退職したときには3カ月間の給付制限というものが設定されていて、その日数を経過しないと失業保険の給付がされないのですが、会社都合により会社を辞めた方には特定受給資格者となって、そういう制限はかかりません。

ページの先頭へ