飛騨市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が飛騨市でもらえる手当

シングルマザーを助けてくれる母子家庭手当てには児童扶養手当が提供されています。シングルマザーの子どもの生活を補助する助成金で、飛騨市など、今住んでいる役所で申し出ることで払われます。基本的には月当たり40000位が払われますが、申し込まないと受給することができないので、申請してない場合は、きっちり申請するようにしてください。子どもが18歳の誕生日を迎えて最初の3月末をむかえるまでもらえ、児童手当などと同様に子のために設定されている手当てです。日常生活を営んでいくために、子どもの発達環境を用意する補助金になります。

子どものいる家庭の手助けとして、就学援助制度があり、義務教育に不可欠な学用品や学校給食費などのサポートを受けることができます。各々の自治体の教育委員会にみとめられた人が受けられますが、シングルマザーで児童扶養手当を支給されている人なら承認される見込み大です。飛騨市でも、小学校や中学校の新学年のときに申請書類がわたされて申し込みを受け付ける事がほとんどですが、年の途中でも申し込み可能ですのでそれぞれの学校にたずねてみてください。

飛騨市のおすすめ情報

稲葉医院飛騨市神岡町船津1072-10578821288
国民健康保険 飛騨市山之村診療所飛騨市神岡町森茂1410578825505
本町クリニック飛騨市神岡町船津9150578821177
工藤医院飛騨市神岡町殿789-4057825462
玉舎クリニック飛騨市古川町若宮1-7-560577737676
国民健康保険 飛騨市杉原診療所飛騨市宮川町杉原533-10577623006

失業給付金受給のためには飛騨市でも近くのハローワークで申請手続きすることになります。申込みの際に持って行く物は離職する時に発行された離職票1と離職票2、雇用保険被保険者証です。証明写真は上半身が写った縦横縦3cm2.5cmの大きさの物を2枚持参します。本人確認の書類については、運転免許証ならば1枚、顔写真がない住民票等ならば2枚持参します。さらに印鑑、自分の預金通帳を持っておきます。

ページの先頭へ