羽島市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が羽島市でもらえる手当

一人親世帯を支援する手当ということで児童扶養手当があります。両親の離婚や死亡などによって片親によって養われている児童の毎日の生活をを助けるための補助金になります。受け取ることができるのは、両親が離婚をした場合や、父または母を亡くしてしまったり、または障害を患っているケースなどです。未婚の母から産まれた子どもについても受給できます。羽島市など、各役場で申請します。再婚したり、施設等や里親に育てられている場合にはもらうことができません。

子育て世帯の補助として、就学援助制度というものがあり、学校生活で必要となる学用品とか給食費用などの手助けを受けることが可能です。各々の市町村の教育委員会に承認された方が受けることができますが、シングルマザーで児童扶養手当を支給されている人であるならば認められる可能性大です。羽島市でも、学校の学年はじめのときに申請書類が配布されて申請できる事になっていますが、いつになっても申込み可能ですのでおのおのの学校側に聞いてみてください。

羽島市のおすすめ情報

羽島皮膚科・内科羽島市竹鼻町丸の内5-150583921226
丸の内クリニック羽島市竹鼻町丸の内11-870583930765
河村医院羽島市舟橋町2-10583922281
大島内科クリニック羽島市竹鼻町狐穴字共栄町2990-10583910707
たかはし眼科クリニック羽島市正木町曲利1057-10583941166
いわたクリニック羽島市正木町上大浦2-380583943017

失業手当の受給手続きを行った後7日間の待機期間も含めて失業保険を受け取っている時に一時的にアルバイトで働く事は羽島市でもOKですが、ハローワークへ報告する必要があります。目安として、4週間で14日以内、一週間で日以内で20時間以内であるなら大丈夫な事が多いですが、届け出しないでいると不正受給となります。不正に失業保険を受給していたときはもらっていた額すべて以外にも貰っていた分の二倍、要するに三倍の額を返す義務があります。例として100万支払われていた事例は300万円を支払う必要があります。

ページの先頭へ