大田市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が大田市でもらえる手当

母子家庭の援助をする手当ということで児童扶養手当が提供されています。夫婦の離婚や死亡等の理由で片親に養われている児童の日常生活をを支えることを目的とした補助金になります。対象になるのは、夫婦が離婚をしたケースとか、両親のいずれかが死んだり、または重度の障害を抱えるケース等になります。結婚していない親が出産した子についても対象となります。大田市など、役所にて申請することができます。再び結婚したり、福祉施設などや里親に養われている時にはもらうことができません。

大田市の母子家庭の人によっては、経済的につらくなって定期的な請求料金に遅れてしまうことも多々あります。家賃の支払い、電話代等、定期的な請求がかさんでくると滞納しそうになりがちです。そのようなときに気をつけたいのが遅延金になります。期日に支払えなかった延滞分は延滞料を足して支払わなくてはいけなくなる場合も多くあります。その際の延滞利息というのは意外と多くなってしまい、十%を上回ってくるケースが多々あるため、低い金利で借りれるキャッシングにて借り入れして納めてしまったほうが額が多くないということも少なくないです。

大田市のおすすめ情報

医療法人銀泉会湯里診療所大田市温泉津町湯里1642番10854-88-9030
山口診療所大田市山口町山口1181ー10854-86-0478
医療法人井上眼科医院大田市大田町大田イ192ー1508548-2-1008
池田診療所大田市三瓶町池田2267ー108548-3-3084
上垣医院大田市大田町大田イ319番地108548-2-0270
合原医院大田市大田町大田イ19008548-2-1737

失業給付金の支給期間については、大田市でも会社に在籍した年数と年齢と退職の理由で変動します。自己都合により会社を辞めた人で65歳未満のときでは勤務年数が1年以上10年未満で90日、20年未満なら120日、20年以上であるならば150日です。職を離れた理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合退職の方の期間と比べて長期になり、結果的に受給額についても増えます。自己都合のために会社を辞めた場合は3ヶ月の給付制限が決められていて、指定された日数が経たないと失業保険をもらえない事になっていますが、会社都合により職を離れた方は特定受給資格者になり、そのような制限はないです。

ページの先頭へ