周南市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が周南市でもらえる手当

母子家庭という単語は周南市ではかなり浸透していますが、父子家庭は、ほとんどなじみがありません。実際問題として、ひと昔前は児童扶養手当についてはシングルマザーの児童のみが受給できて、父子家庭には支給されませんでしたが、平成二十二年からは、父子家庭も支払われるように修正されました。子どもが小さいときは母親に親権が認められることが通常なので父子家庭というのは少数であったり、父側というのは生活に十分な仕事を持つことが多かったため、対象からははずされていましたが、シングルマザーだけではなく、父子家庭もサポートが不可欠ということが認められたわけです。

離婚でシングルマザーになった方は毎月養育費を払ってもらっているといった場合が周南市でも珍しくないです。そんな際には養育費のお金を生活していく上でたよりにしていると思いますが、きちんと支払ってくれなかったり、時間が経つと、急に支払いが止まるなどのような可能性も想定しておいてください。離婚手続きをする場合には公正証書をつくるというのが良いのですが、とにかく文書にして互いに署名するようにすると、厄介事を避けることもできます。

周南市のおすすめ情報

周南市熊北診療所周南市大字八代8190833-91-0100
岸本医院周南市大字久米3201の10834-26-2191
松永医院周南市大字呼坂2032の190833-91-3006
藤井内科医院周南市若宮町1丁目510834-21-1418
こうち医院周南市東山町2番41号0834-34-3456
ふるたに消化器内科周南市楠木1丁目9番5号0834-39-2525

職がない若者は周南市でもいつまでも減少せず、就職率についても段々下がりつつあります。そういう現状下で厚労省は正規社員を目指す若者を応援することに主眼を置いたわかものハローワークを各地域に置いています。ターゲットにしているのは、だいたい45歳未満としていて、希望すればひとりひとりスタッフが求職活動や面接の対策のフォローもしてもらえます。加えて、仕事を長く続けられないといった方向けに新たな仕事に就いてからも悩み相談ができる等というバックアップもします。

ページの先頭へ