能美市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が能美市でもらえる手当

シングルマザーの援助をしてくれる母子手当てには児童扶養手当があります。シングルマザーの子の生活を支えてくれる手当てで、能美市など、今住んでいる役所で申請することで受け取ることができます。一般的には月額四万円程度をもらうことができますが、届けないと受給できないため、届けていないときは、きちっと申し出るようにして下さい。子供が18才になって次の三月末をむかえるまで受給でき、児童手当等と同様に子のために用意されているシステムになります。日々の暮らしを維持をしていくために、子供の成長環境を整える手当になります。

シングルマザーという単語は能美市では普通に用いられていますが、父子家庭は、それ程浸透していません。実際に以前は児童扶養手当についてはシングルマザーの児童だけがもらえて、父子家庭は受給できませんでしたが、平成22年から、父子家庭についても対象となるようになりました。子どもが小さい場合は親権は母親という判断がされる事がふつうなため父子家庭は多くなかったり、父側というのは生活に十分な仕事を持つ場合が大半だったので、これまでは受給できませんでしたが、母子家庭だけではなく、父子家庭もサポートが不可欠であると認識された結果です。

能美市のおすすめ情報

医療法人社団 泉之杉会 にしかわクリニック能美市三ツ屋町イ14-10761-52-0025
国民健康保険 能美市立病院能美市大浜町ノ85番地0761-55-0560
たつのくちクリニック能美市辰口町521-10761-52-0061
米島医院能美市大成町ト118番地60761-55-0241
きだ整形外科クリニック能美市西二口町丙30番地10761-55-8811
水本整形外科医院能美市寺井町や1200761-57-2511

失業手当を受けられる期間は、能美市でも何年働いたかと年齢と退職の理由にて違います。自己都合にて退職した方で65歳未満の例では会社に在籍した年数が1年以上10年未満ならば90日、20年未満なら120日、20年以上ならば150日です。仕事を辞めた理由が会社都合の特定受給資格者は、自己都合退職の方の期間より長期になって、最終的に受け取れる金額も高くなります。さらに、自己都合にて会社を辞めたときは3カ月間の給付制限があって、決められた期間が経たないと失業手当をもらえないようになっていますが、会社都合によって仕事を辞めた人には特定受給資格者になり、そういう規制はないです。

ページの先頭へ