木津川市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が木津川市でもらえる手当

一人親家庭の手助けをしてくれる制度として児童扶養手当があります。母子家庭の子供の人生の援助をしてくれる公的制度で、木津川市等、役所で届けることで受け取ることができます。普通は月額40000円位がもらえますが、申告しないと受給できないので、まだ申告していないときは、しっかりと申請するようにしましょう。子供が十八才の誕生日を迎えて最初の3月末まで受給でき、児童手当等と同じく子どもに提供されている公的制度になります。毎日の生活を営んでいくために、子供の発育環境を整える補助金です。

シングルマザーという単語は木津川市ではかなり浸透していますが、父子家庭は、それ程用いられません。実際問題として、以前は児童扶養手当は母子家庭の子どもだけで、父子家庭はもらえませんでしたが、平成二十二年から、父子家庭についても対象となるように修正されました。子どもが小さい時は母親が親権をもつ事が多いので父子家庭というのは多くなかったり、ある程度の職業を持つ場合が多かったため、これまでは対象からははずされていましたが、シングルマザーに限らず、父子家庭にもサポートが不可欠であると認められたわけです。

木津川市のおすすめ情報

ささき整形外科木津川市木津町西垣外370774-72-8525
ごとう耳鼻咽喉科木津川市吐師山下1番地吐師医療ビル2F0774-73-8733
中島整形外科木津川市吐師南中条5-10774-71-4343
山口医院木津川市加茂町北船屋24番地0774-76-0505
とうじ診療所木津川市相楽大徳55-4
京都府山城南保健所木津川市木津上戸180774-72-4300

失業給付金の給付期間は、木津川市でも何年勤務したかと年齢と離職した理由にて差が出てきます。自己都合にて退職した方で65歳未満の例では勤めた年数が1年以上10年未満であれば90日、20年未満であるならば120日、20年以上ならば150日です。職を離れた理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合退社の方の期間と比べて多くなり、結果的に受け取る額も多くなります。自己都合のために会社を辞めたときは3カ月の給付制限が定められていて、一定期間が経たないと失業給付金を受給できないようになっていますが、会社都合により離職した場合には特定受給資格者になって、そういう制約は出てきません。

ページの先頭へ