酒田市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が酒田市でもらえる手当

児童扶養手当だけではなく、生活の助成を受けることができる助成が酒田市には用意されています。父親が死亡してしまって母子家庭になってしまった時には遺族年金を受給できます。さらに、離婚などにて母子家庭になったときにも年金などの納付が厳しいときはすべてや半分の減免を受けるといった事ができるので、支払えないときは免除してもらえるか、市町村の役所へ聞いてみましょう。他にも、シングルマザーの医療費の一部の額を支援してもらえる制度もあります。

シングルマザーという言葉は酒田市では普通につかわれていますが、父子家庭については、あまり使用されていません。現実にひと昔前は児童扶養手当はシングルマザーの子のみが受給できて、父子家庭には払われませんでしたが、平成二十二年から、父子家庭についても支払われるようになりました。子どもが小さい際には親権は母親に認められる場合が多いので父子家庭は多数派でなかったり、父親というのは収入となる職業を持つ事が多数だったので、昔は支給されませんでしたが、シングルマザーに限らず、父子家庭にも支えがいると理解されたのです。

酒田市のおすすめ情報

斉藤医院酒田市相生町1ー5ー100234-22-0216
くろき脳神経クリニック酒田市富士見町三丁目2ー30234-31-7151
酒田市立青沢診療所酒田市北青沢字家ノ前2800234-64-4921
こども医院さいとう酒田市松原南11ー210234-26-7878
医療法人尾形内科胃腸科医院酒田市みずほ1ー2ー280234-26-6800
酒田市立升田診療所酒田市升田字東向160234-64-4925

酒田市でも求職活動の初めとなるのが履歴書になります。履歴書を書き込む時には、うまい字でなくても大丈夫ですが、読みやすい文字で書き込む事が原則です。自己PRについては、自身の体験談を元に記入すると現実味が出ます。応募した仕事の職種で昔働いた経験を持つ場合は、それらの仕事で感じたことを書き込むのがオススメです。面接では履歴書を見て質問が行われるので面接にて売り込みたい事は絶対に書き込む事が必須です。

ページの先頭へ