上山市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が上山市でもらえる手当

母子家庭や父子家庭をサポートしてくれる助成金ということで児童扶養手当が用意されています。一人親世帯の子供の日々の暮らしの安定を支援してくれる公的制度で、上山市等、市町村の役場で申し込むことで払われます。基本的には月当たり四万程度がもらうことができますが、申請しないともらうことができないため、まだ届けていない方は、きちっと申し込むようにして下さい。子供が18才の誕生日を迎えてつぎの三月三十一日まで受け取ることができ、児童手当などのように子のために支払われる仕組みになります。生活をしていくために、子どもの発育環境を準備する手当です。

シングルマザーという単語は上山市では社会的にも馴染みのあるものですが、父子家庭は、ほとんど用いられません。現実問題として、ひと昔前は児童扶養手当については母子家庭の子供だけが対象で、父子家庭は受給できませんでしたが、2010年から、父子家庭も払われるように修正されました。子どもが低年齢の際には母親が引き取る場合が多いため父子家庭というのは少数であったり、父親は暮らしていくのに十分な職に就いていることが多かったため、支払われませんでしたが、シングルマザーだけでなく、父子家庭についても助けがいると理解されたのです。

上山市のおすすめ情報

北村医院上山市矢来三丁目7番32ー14号023-695-5000
山口クリニック上山市四ツ谷一丁目6番35号023-677-0050
藤倉医院上山市矢来4ー11ー46023-672-7331
原田眼科医院上山市十日町9ー2023-672-0008
医療法人金沢医院上山市旭町1ー7ー17023-672-3230
長岡医院上山市沢丁9ー13023-672-0308

失業手当を受けられる期間については、上山市でも勤めた年数と年齢と退職した理由で差が出ます。自己都合により退職した人で65歳未満のときでは勤めた年数が1年以上10年未満であるならば90日、20年未満で120日、20年以上ならば150日です。退職の理由が会社都合である特定受給資格者は、自己都合の方の期間よりも長期になって、それだけ受け取る金額も多くなります。その上、自己都合で離職したときには3カ月間の給付制限が決められていて、一定日数を過ぎないと失業手当の支給がされないことになっていますが、会社都合により職を離れたときは特定受給資格者となって、それらの制限は出てきません。

ページの先頭へ